スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
しつけについて
今日はしつけについて、ちょっと語ろうと思います。

ペットのしつけの本って、本屋に行くと、すごくたくさんあって、どれにしようか迷うと思います。
私も、しつけの勉強をするため、学校に通っていましたが、
先生によって、やり方、考え方ってそれぞれ違うんです。

つまり、白か黒か、どれがいいかは、一概には言えないんです。

本を書く人も、学校で教える人も、トレーナーも、
それぞれ、自分の経験から、こうするのが一番早く覚える・・・とか、
信念みたいなものがあって、こうするのが犬にとって一番やさしい教え方だ・・・とか
思うところが人それぞれあるので、こうなるんですね。

でも、私が思うに、人間の子育てと一緒で、マニュアル通りにはいかない!というのが基本です。

100匹のわんちゃんがいたら、100通りの性格があって、そのこにあったしつけの仕方は
100通りある!・・・というのは、私の尊敬する先生が言っていたお言葉。
その通りだと思います。

だから、「うちの子はしつけなんて一度もしてないけど、とてもいい子よ」
という方もいるし、
「うちの子は、こんなに頑張ってるのに悪さばっかりする」
となることもあるんです。

もちろん、噛み犬になるわんちゃん、人間嫌いのわんちゃん、
特殊なケースは、必ず原因があります。
そういう場合は、しつけ教室でしっかり学ぶべきだと思います。

でも、物覚えの悪いわんちゃんは、おっとりしてかわいい面があったり、
頭のいいわんちゃんは、ずるがしこい面があったり、
ある程度犬種で性格はわかる部分もありますが、(トイプードルは賢い部類ですよ♪)
それぞれなんです。

でも、一度自分の家族になったら、その子がどんな性格だろうと、
かわいくってしょうがないですよね。

あと、これだけは。
しつけ初心者の方は、しつけの本に頼るときは、
一つの本だけにしぼってください!(これ、オーナーもよく言うんです)

本によって、例えば小さなことでも、「おすわり」と「すわれ」というコマンドが違うだけでも
わんちゃんにとっては、覚えにくい原因になります。
これだとできないから、次はこの本の通りにしてみよう・・・
と繰り返していくと、結局わんちゃんの混乱を招く結果に・・・。

もちろん本を選ぶときは慎重に!
すごく古い本を買ってしまうと、時代に合わない方法が書いてあったり(昔は叩いて教えることが当たり前でした)
犬種別に出ているものだと、わかりやすいかも。
または、外飼いで番犬にしたいのと、室内で飼いたいのとも違います。

軽く読んで見て、「なんか違うな」と感じたら、やめたほうがいいですよ。
でも、一番いいのは、しつけ教室に通ってみること。

実際にその子をみて、ちょっと困ったことがあったら、すぐに相談にのってくれる、
そういうトレーナーに教えてもらうのが一番いいかと思います。

いやいや、しつけの話だと長々書きたくなっちゃいます。
でもまだまだ話したいこと、たくさんあるんですよね。

では、またの機会に!




「ぺろっ」
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

[2008/07/04 21:06] しつけ | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。